日常生活の代表的なトラブルとして、借金、相続、離婚、交通事故などがあげられます。

これらのトラブルに遭遇したとき、法律の知識がないあなたは冷静に対応できるでしょうか?

身近に法律に詳しい方がいれば、かなり心強く感じるのではないでしょうか?

しかし知り合いに弁護士や司法書士といった法律の専門家いる方はあまり多くありません。

そこで活用したいのが行政や法テラス、弁護士会、司法書士会などで開催される無料の法律相談です。

県内で無料で実施されている弁護士や司法書士による法律相談をご紹介しますので、ぜひ活用ください。

福井県の法律相談

法律相談

福井県で行われる弁護士や司法書士による法律相談をご紹介します。

消費生活センター

○弁護士相談

□福井県消費生活センター

相談情報:月1~2回

問合せ先:福井県消費生活センター

電話:0776-22-1102

□嶺南消費生活センター

相談情報:年10回

問合せ先:福井県嶺南消費生活センター

電話:0770-52-7830

○司法書士相談

相談情報:月1回

問合せ先:福井県嶺南消費生活センター

電話:0770-52-7830

詳細については福井県ホームページからご確認下さい。

福井県社会福祉協議会

□嶺北

相談情報:月3回(第1・3・4水曜日)

相談会場:福井県社会福祉センター

電話:0776-25-0294

□嶺南

相談情報:月1回(第3木曜日)

相談会場:小浜市小浜白鬚112(白鬚再開発ビル3F)

電話:0776-25-0294

詳細については福井県社会福祉協議会ホームページからご確認下さい。

法テラスの法律相談

法テラス福井で行われる弁護士や司法書士による法律相談をご紹介します。

法テラス福井

□弁護士相談

相談情報:週2回(火・金曜日:9時10分~12時30分)

□司法書士相談

相談情報:週2回(月・木曜日:15時~16時30分)

※司法書士相談は福井県司法書士会が会場となります。

所在地:福井市宝永4-3-1(サクラNビル2F)

業務時間:平日(9時~17時)

電話:050-3383-5475

詳細については法テラスホームページからご確認下さい。

弁護士会の法律相談

福井弁護士会で行われる弁護士による法律相談をご紹介していきます。

弁護士無料相談

弁護士による無料相談です。相談を希望される方は予約下さい。

□福井市エリア

相談情報:週4回(月・木・金・土曜日:13時30分~15時)

相談会場:福井弁護士会館

□丹南エリア

相談情報:週1回(水曜日:13時30分~15時)

相談会場:越前市文化センター(越前市高瀬2-3-3)

□嶺南・敦賀エリア

相談情報:月3~4回(第2~5火曜日:13時30分~15時)

相談会場:プラザ萬象(敦賀市東洋町1-1)

□嶺南・小浜エリア

相談情報:月1回(第1火曜日:13時30分~15時)

相談会場:小浜市働く婦人の家(小浜市大手町4-1)

問合せ先:福井弁護士会

受付時間:平日(9時~17時)

電話:0776-23-5255

法律相談センター

法律相談センターの有料相談です。お急ぎの相談を希望される方は活用下さい。

□福井法律相談センター

相談情報:週1回(水曜日:14時~17時)

所在地:福井市宝永4-3-1(サクラNビル7F)

□丹南法律相談センター

相談情報:週1回(火曜日:14時~17時)

所在地:越前市府中1-2(センチュリープラザ内)

□嶺南法律相談センター

相談情報:週1回(金曜日:14時~17時)

所在地:敦賀市東洋町1-1(プラザ萬象・会議室)

相談費用:30分5,000円(税抜)

問合せ先:福井弁護士会

受付時間:平日(9時~17時)

電話:0776-23-5255

詳細については福井弁護士会ホームページからご確認下さい。

司法書士会の法律相談

福井県司法書士会が実施する司法書士による法律相談をご紹介します。

司法書士総合相談センター

無料の法律相談です。相談を希望される方は予約が必要です。

相談情報:週1回(水曜日)

相談会場:司調合同会館

受付時間:平日(10時~15時)

電話:0776-43-1669

司法書士の有料相談

お住まいのエリアの司法書士に相談をしたい方は、有料相談を活用下さい。

相談会場:担当司法書士の事務所

相談費用:1時間5000円(税抜)

受付時間:平日(10時~12時、13時~15時)

電話:0776-43-1669

詳細については司法書士会ホームページからご確認下さい。

法律相談を活用するには?

弁護士や司法書士による法律相談を活用される方は、相談する前にまずはご自分の状況を冷静に把握して、整理しておくと良いでしょう。

例えば、

どうして困った状況に陥ってしまったのか?

いまどのようなことに困っているのか?

どのような解決を望んでいるのか?

などを、時系列でメモにしておくとスムーズに相談を進めることが出来ます。

ひとりで悩んでいても解決できないことも、法律のプロフェッショナルである弁護士や司法書士による法律相談をすることで解決の糸口になることがあります。

しっかりと事前準備を行って、無料の法律相談を有効に活用してみてはいかがでしょうか?