「借金をこれ以上返済することができない」

「このまま返済を続けていると生活が破綻してしまう」

と借金問題に頭を抱えている人は多いですが、

借金問題を解決するための債務整理をご存知でしょうか?

債務整理とは、借金を減らす法的な手段のこと。

多額の借金に悩まされている方が生活を再建するために、借金の負担を軽減・免除してもらえるということなのです。

債務整理の方法には、任意整理・過払い金請求・個人再生・自己破産の4種類があります。

今回は、それぞれの手続きの方法について、メリットとデメリットを踏まえながら分かりやすくご説明していきます。

□ ショッピング・浪費・ギャンブルの借金も減額可能

□ 匿名・完全無料で借金の減額診断

取り立てをすぐ止めたい方へ。

『ライズ綜合法律事務所シュミレーター』までどうぞ。

任意整理

任意整理とは、

裁判所を介さず弁護士や司法書士の専門家に借金問題を依頼することで、債権者と交渉して和解契約をし、借金減額をすることです。

法律上の制限が少ないため、債務整理の中では最も利用が多い手続きです。

将来利息のカットを交渉することで毎月の返済を楽にすることができるため、

住宅ローンを返済しながら借金整理がしたい人や特定の貸金業者等を除いて借金整理をしたい人に適しています。

逆に過払い金の金額が少ない人にはあまり適していません。

メリット・デメリット

将来利息が免除されるので、借金完済が早まり、専門家が手続きをすることによって、貸金業者からの督促が止まります。

裁判手続きを利用しないため官報に掲載されることもなく、第三者に知られる心配がないこともメリットです。

□ 支払いの督促が止まる

□ 第三者に知られるリスクが低い

デメリットは、信用情報機関(ブラックリスト)に登録されるため、約5年間は借り入れやローンを組むことができなくなることです。

また、借金自体が免除されるわけではないので、返済するための安定した収入が必要になります。

□ ブラックリストに登録

□ 借金がすべて免除されるわけではない

匿名・無料・秘密厳守!『無料減額診断シュミレーター』

過払い金返還請求

そもそも「過払い金」とは、カードローンやキャッシングなどで貸金業者に支払いすぎていた利息のことです。

過払い金請求は、利息制限法の上限を超えて貸付を行なっていた貸金業者に対して不当に支払い続けていた利息の返還を求めることができる権利です。

借金を完済して10年以内の方は過払い金が発生している可能性が高いので一度チェックしてみると良いかもしれません。

メリット・デメリット

払いすぎた利息が戻ってくるだけでなく、取り戻した過払い金は何に使ってもOKなので、借金の返済に使用することもできます。

また、信用情報機関に載ることがないこともメリットです。

□ 払いすぎた利息が戻ってくる

□ ブラックリストに登録されない

デメリットは、完済後10年という請求制限があるため、それを超えてしまった場合は過払い金が発生していた状況であっても取り戻すことはできません。

また、一度過払い金請求をすると、その結果に関わらず、同じ業者へ過払い金請求をすることができなくなります。

□ 完済後10年という時効がある

過払い金がいくらあるのか知りたい!『ライズ綜合法律事務所シュミレーター』

個人再生

個人再生とは、裁判所を通じて借金の減額を行ってもらう手続きのことです。

裁判所に申立書を提出し、法律に則った形で借金を減額できるので、任意整理より借金を減らすことができることが多いです。

減額された借金を3~5年で支払うことができれば、残りの借金は免除されます。

個人再生は、処分したくない財産がある場合や、多重債務者など多額の借金抱えている人に向いている手続きですが、返済を継続できる収入がない人は手続きができませんので注意しましょう。

メリット・デメリット

前述したように、条件が揃えばマイホームや車などの財産を残したまま手続きができることが最大のメリットです。

借金を大幅に減額できるだけでなく、専門家が手続きをするため貸金業者からの督促も止まります。

□ 督促が止まる

□ 借金を大幅に減額できる

□ 財産を残したまま手続きができる

ただし、個人再生は利用条件が厳しく、手続きに時間と手間がかかります。

官報にも掲載されるため、借入れが5~10年間できなくなるということもデメリットと言えるでしょう。

□ ブラックリストに登録される

出張法律相談あり!『ライズ綜合法律事務所』

自己破産

自己破産は、裁判所に破産申請書を提出し、免責許可をもらうことで、税金や養育費などの非免責債権をのぞいた全ての借金を免除してもらうことです。

裁判官が債務者の収入や借金の額、財産の状況などから総合的に判断し、支払い不可能と判断された場合に行える手続きです。

ただし、支払い不可能な状態であったとしても、借入れの原因が、浪費やギャンブルなどの場合は免責許可をもらえないこともあります。

メリット・デメリット

なんと言っても全ての借金が免除されることが最大のメリットでしょう。

また、自己破産開始決定となった後に取得した財産や、冷蔵庫や洗濯機などの差押さえ禁止財産については手放す必要がありません。

□ 借金が全額免除される

デメリットは、官報に掲載されてしまうため借入れが5~10年間できないこと、免責決定を受けるまでは就ける職業に制限がつくということです。

□ ブラックリストに登録される

□ 免責決定を受けるまで就けない職業がある

約5万件の解決実績!『ライズ綜合法律事務所』

まとめ

債務整理について種類別にご紹介してきましたが、それぞれの条件や手続きの方法、メリット・デメリットがお分かりいただけたでしょうか?

自分に最も適した債務整理を選択し、1日でも早く借金生活から抜け出しましょう!

□ ショッピング・浪費・ギャンブルの借金も減額可能

□ 匿名・完全無料で借金の減額診断

取り立てをすぐ止めたい方へ。

『ライズ綜合法律事務所シュミレーター』までどうぞ。